キーツマンゴーはなぜ幻のマンゴーなのか?

キーツマンゴーは、その圧倒的な出荷量の少なさから幻のマンゴーと呼ばれています。

ではなぜ、キーツマンゴーは出荷量が少ないのでしょうか?

その最大の原因は、キーツマンゴーの収穫時期にあるのではないかと思います。

一般的に有名なアーウィン種の完熟マンゴーの収穫時期が、6月から7月なのに対して、キーツマンゴーは8月から9月です。

高級な国産マンゴーの需要を考えてみると、大半はお中元や贈答用に使われるのではないでしょうか。

つまり、キーツマンゴーではお中元に間に合わないのです。

さらに、その時期は台風の被害が多くなる時期でもあります。

そのため、キーツマンゴーは栽培農家自体が少なく、必然的に出回る量も少なくなるということです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。