キーツマンゴーはなぜ幻のマンゴーなのか?

キーツマンゴーは、その圧倒的な出荷量の少なさから幻のマンゴーと呼ばれています。

ではなぜ、キーツマンゴーは出荷量が少ないのでしょうか?

その最大の原因は、キーツマンゴーの収穫時期にあるのではないかと思います。

一般的に有名なアーウィン種の完熟マンゴーの収穫時期が、6月から7月なのに対して、キーツマンゴーは8月から9月です。

高級な国産マンゴーの需要を考えてみると、大半はお中元や贈答用に使われるのではないでしょうか。

つまり、キーツマンゴーではお中元に間に合わないのです。

さらに、その時期は台風の被害が多くなる時期でもあります。

そのため、キーツマンゴーは栽培農家自体が少なく、必然的に出回る量も少なくなるということです。

キーツマンゴーとは

マンゴーと言えば沖縄産や宮崎産の真っ赤に熟した完熟マンゴーが有名ですが、もう一つ、幻のマンゴーと呼ばれているマンゴーがあります。

それは、キーツマンゴーです。

マンゴーには、アーウィン種とキーツ種の2種類があるのですが、一般的に有名な真っ赤に熟すタイプの完熟マンゴーはアーウィン種です。

それに対して、キーツマンゴーは色が緑色なのが特徴です。

なぜ幻のマンゴーと呼ばれているかというと、アーウィン種の完熟マンゴーに比べて、全国への出荷量が圧倒的に少ないからです。

試しに今楽天市場で調べてみました。

”キーツマンゴー”というキーワードで調べたら15件出てきました。

しかし、その全てが在庫切れ。

あぁ、やっぱり幻のマンゴーなんだなぁと思ったのですが、よく見てみると去年の販売ページが残っているものも中にはあります。

さらにもっと調べてみると、入荷待ちとなっている販売店もあるのです。

そう!実はキーツマンゴーは収穫時期が一般のアーウィン種よりも遅いのです。

アーウィン種の収穫時期が6月〜7月なのに対して、キーツは8月〜9月です。

ここに、キーツマンゴーが幻のマンゴーと呼ばれている最大の原因があるように思えます。

楽天市場でキーツマンゴーを探すにはこちら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。